プログラマー兼デザイナーの豊田でございます。

 この「AQUALES」では、プログラム部門ではミュージックドライバー、オープニ
ング、及びゲームメインの一部と中間ビジュアルを、デザイン部門では、敵10数体とS
TAGE2・7のマップ、そしてオープニングのグラフィックを数枚塗り塗りさせていた
だきました。
 さて、その中での見所というと、なんといってもミュージックドライバーでの疑似ステ
レオサンプリング再生でしょう(おっと、これは聞き所ですね)。これまでのADPCM
対応ドライバーは、サンプリング音は左右と中央からしか再生されていませんでしたが、
この「AQUALES」のドライバーでは、それらに加えて中央右より、中央左よりから
もサンプリング音が聞こえてくるのです。その方式は、耳のいい人ならすぐにでもわかる
ようなことなのですが、ここでは秘密にしておきましょう(と思ったら、さえぐさ氏がば
らしてやんの)。ところで、ユーザー様方からの要望で「MIDIに対応してください」
というのが結構多いのですが、実際ゲームをすることにどれほどMIDIが重要なのかを
常々考えております。確かにいい音で楽しみたいという気持ちはわかりますが、それより
は、サラウンドやRSSなどを使って臨場感を増す方が、はるかにゲーム自体に面白さが
加わるのではないでしょうか。まあ、その辺は後々の動向を見て対処していきたいと思っ
ております。

 話は変わりますが、最近のTVCMはなにかと面白いですね(といっても、ここ2週間
ほどは納期直前の追い込みでろくにTVは見ておりませんが…)。いつの間にか「ペ○シ」
のコマーシャルがモザイク付きで復活するは、「ルール」なんていう訳のわからない政府
広告は流れているはで。
 でも、一番気になるのは「一○絞り」のコマーシャルです。緒方拳さんが、以前は猫を
猫づかみして階段を駆け登っていたのに、今では肩に乗せて駆け登っていきます。一体な
にがあったのでしょうか。巷の噂では、某協会がクレームをつけたのではといわれていま
すが、真偽のほどはさて。それよりも私は、肩に猫を乗せていく人物は、本当に緒方拳さ
んなのかが疑問です。

 あ〜ぁ、これでやっと「AQUALES」から開放されると思うと、なんだかうれしく
なってきます。これでしばらくは、海へ山へと思いっきり遊べる…と思ったら、夏がもう
過ぎているのでは?まぁ、それは気のせいだと思い込みつつ、この文章を締め括らせてい
ただきます。